社会保険労務士中野事務所

■人事総務コンサルティング  ■社会保険手続  ■給料計算  ■各種規程作成  ■株式公開支援       電話027-219-1390

中野事務所

社会保険労務士

社会保険労務士中野秀人

お問い合せ

社会保険労務士中野事務所
前橋市下細井町696-7 2F
電話027-219-1390
FAX 027-219-1391
お問合せフォーム

相談事例

社会保険労務士にはこのような相談が持ち込まれます。
当事務所では、様々な人事労務問題に対して、経営陣の立場に立ち適切に対応します。

◆労使トラブル
・従業員が仕事中に怪我をしてしまった。労災の申請はどうしたらよいか。
・無断欠勤の多い社員がいる。忠告しても改善されないので解雇したい。
・従業員がすぐ辞めてしまう。原因を究明し、対応策を考えたい。
・退職する社員から営業上の秘密が漏れては困る。
・グループ企業への出向を命じたら拒否されてしまった。
・女性従業員が上司のセクハラに対する損害賠償を求めてきた。
・従業員を解雇したら不当解雇だと訴えられた。


◆賃金
ページトップヘ
・時間外労働や休日出勤、深夜勤務をさせた場合、割増賃金はどのように計算すればよいのか。
・従業員の給与に一定のルールがないので見直したい。
・従業員の業績に合わせた賃金制度にしたい。
・サービス残業で従業員とトラブルが発生した。
・業績不振で、社員全員の賃金をカットしたい。
・年俸制を採用している社員から残業手当を請求されたが支払う必要があるか。
・中途採用者の不利をなくす賃金体系にしたい。


◆退職金
・退職金制度を整えたい。
・業績が悪化しているので退職金制度を見直したい。
・パート社員から退職金を請求された。


◆人事考課
・当社に適した人事考課制度はどのように構築すればよいか。
・社員の評価が難しく人事考課制度がうまく機能していない。


ページトップヘ
◆雇用
・人件費を抑えるために、正社員・パート・在宅勤務・派遣などを使い分けたい。
・変形労働時間制・裁量労働制・フレックスタイム制など、当社に合う労働時間制度はどれか。
・外国人を採用したいがどのような点に気をつければよいか。


◆福利厚生
・有能な従業員の採用や雇用定着を目的とした福利厚生にはどのようなものがあるのか。
・法定福利費・人件費を削減して会社のスリム化を図りたい。


◆人材教育
・社員のスキルアップのためにどのような人材教育を行えばよいか。
・新入社員研修などを外部に依頼できないだろうか。
・人事考課をする者の教育訓練をしてほしい。


お問合せ電話027-219-1390
ホーム | 事務所案内 | お問合せ| プライバシーポリシー
Copyright © 社会保険労務士中野事務所. All Rights Reserved.